<   2010年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

金子アベニュー200棟 400棟

満室経営コンサルタントの湯野です。

今回はTRN史上初となる工事完了後6日で8部屋の申込みが入った驚くべき情報を皆様にお伝えしたいと思います。かなりの長文になりますので覚悟して読んで下さい(笑)

今回リノベーションさせていただいたお部屋は100棟~500棟まである賃貸アパートで、そのうち200棟・400棟全32戸中8戸が空室でした。

実は今回のオーナー様である金子オーナーは、リノリースを初めて取り組むのではなく、弊社がリノリースを発案した初期の頃から、金子アベニュー300棟8戸、400棟10戸や金久ビル300棟6戸、400棟9戸など数あるオーナー様の中でも一番多くリノリースを導入していただいています。
勿論、過去にリノリースしていただいた物件は全て満室になり、リノリースの凄さは実感されていました。
満室になった後も仲介会社様から度々「リノベーションした部屋は他にはないか」
「次にする予定はないのか」というお問い合わせがオーナー様にも弊社にもございました、その現状を踏まえ今回の8部屋のリノベーションをする好機と考え、金子様に8部屋のリノリースをご提案させていただきました。

この8部屋実は空室期間が長い部屋で4年半も空いてしまっていたとの事。
しかし、室内はキッチンの取替え、フローリング工事等をされており、いわゆるゼロにリセットされた綺麗な内装でした。


a0159691_19485083.jpg

ただ、やはり「空室には原因がある」という弊社の代表の言葉通り、築年数43年のRC造 エレベーターなし4階建 交通手段はバス及び自家用車。坂も多く、周りには新築のマンションや築浅で安い物件が数多く建っており、いわゆる賃貸物件の激戦エリアでした。

a0159691_19493349.jpg

今のままでは近隣物件との差別化にはならず満室になる要素はありません。
いくら弊社が家賃保証すると言え、大規模なリフォームをすると高額な費用がかかり、オーナー様の投資と回収のバランスが崩れ収益の向上になりません。

そこでオーナー様の投資コストを抑えるために大きな間取りの変更は行わずに表装リノベーション工事をすることにオーナー様もご納得を頂きました。

いざ工事を始めると何と、大工工事(一番最初の工程)の段階、まだ何も完成を想像できない状態で内覧したいとの電話の嵐。イメージパースの時点で問い合わせがあるという他のリフォーム会社の物件では考えられないことが起こりました。
そんな中、最初の申し込みがあったのは1月16日 それから立て続けに4件申込みが入り、何と工事期間中に5部屋も申込みが入ったのです。
この状況は正直私も予想していませんでした。
a0159691_19495672.jpga0159691_19502391.jpga0159691_19502391.jpg

そして2月9日のお引渡しの日に「残り3部屋もすぐ決まりますよ」と私が言った一言が現実となり、引渡し後6日目には見事全室申込みが入りました。
弊社は同じ部屋は造りません。8戸のお部屋を全部違うデザインにすることで希少価値を出しております。その為残りの空き部屋が少なくなるにつれて仲介会社様からの問い合わせが同じ部屋に何件も重なり入居者同士で物件の取り合いになることも多くありました。

オーナー様は勿論のこと私自身も本当に驚きました。でも最高の結果が出せ、オーナー様に喜んでもらえたことが本当に良かったと思います。

当り前の事ですが内外装共に手を加えなければ入居者も退去していき、退去後は人から見向きもされない物件になってしまいます。
建物が建った当初は満室であっても日々人々のニーズは変化しています。
「お金をかけてリフォームしたから決まる」「家賃を下げたから決まる」と考えてらっしゃるオーナー様が多くいらっしゃいますが、それはただ案内される確率が増えただけであり最善の空室対策ではないと思います。
確実な満室経営とは何か、いかに無駄な投資をせず、他と差別化した空室対策をするかでこの賃貸氷河期の今、そしてこれからを勝ち抜いていけると私は思います。
これからも満室最短記録を更新できる提案をドンドン行っていき、全ての人がオールハッピーになれるよう
がんばっていきたいと思います。
[PR]

  by renolease | 2010-03-15 19:52

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE